コピーライター花岡邦彦

クリエイティブ・ディレクター コピーライター 大学広報アドバイザー TCC会員 乗り鉄 JR全線完乗 慶応義塾大学 新宿高校 日本橋馬喰町生まれ アフリカの政治ゼミ twitter.com/hanaokakunihik1

世田谷線に乗って。

中学3年の夏、
世田谷線西太子堂に毎日通った。
城南指導教室という塾に
通うためだった。

この塾の主宰者は、とても太っていた。
最近、テレビによく出てくる
あの有名人に似ている。
S田先生だ。

家から下高井戸まで歩き
世田谷線に乗る。
とにかく、受験が終わるまで
毎日通った。元旦もだ。

f:id:hanaokakunihiko:20170905142129j:plain

S田先生は数学の授業で
よくこう叫んだ。
因数分解、どこまでやるの!」
すると生徒たちはこうこたえる。
「できるところまで!」

おしゃべりをしていると、
チョークが飛んでくる。
とてもコントロールがよかった。

毎日、テストテスト。

教室は、夏暑く、冬寒かった。
冷房め暖房もなかった。
でもS田先生はいつも
白いランニングシャツだった。

あの夏と冬がなかったら、
違う人生になっていただろう。

記憶をもとに塾があったはずの
その場所に行ってみた。

わからなかった。
家ばかりでわからない。
どこにあったんだろう。

庭に大きな欅の木があったはずた。
とても出入口は狭く、
S田先生は横にならないと通れない。

世田谷線に乗るたびに、
S田先生を思い出す。

広告を非表示にする

南武線は、いいやつです。

南武線は、クライやつですが、いいやつです。
ほっとするやつです。むりしなくてもいい。
見栄をはる必要もありません。気取りません。
信用できます。嘘つきません。
なんでも受け入れてくれます。
そういうやつなんです。

f:id:hanaokakunihiko:20170826105524j:plain

新幹線のようエリートじゃない。

まいにちコツコツと働く。

川崎と立川という終着駅がジミ。

みんなが東西に走っているのに南北に走る。

多摩川のそばを走っているのに

あまり多摩川の姿を見ない。

でも、南武線のようなやつが、

わたしは大好きです。

高速鍋振りチャーハン

朝から忙しい日でした。疲れました。朝、昼とサンドイッチ。こんな日の夕飯は、がっつりいきたくなるものです。とはいえ、二郎ではない気分。米を欲しています。体が、米を。だいたいは、ビールだ!ビールだ!なのですが、きょうは違いました。

となると、あの店か。最近、復活通いのお店です。若いころには、ずいぶんお世話になっていましたが、最近は、たまにでした。若者の街なのですが、その街のある地区だけは、オジさんたちを優しく受け入れてくれています。焼き鳥屋が軒を連ねる地区。ま、もともとは、このへんが、街の中心だったんですけどね。

値段も高くオシャレな店員さんのラーメン屋(わたし、あんまり、好きじゃありません…)も乱立する中、その店は、繁華街の場末にある昭和中華のオーラを匂わせながらの店構えです。商店街の街中華ではなく、酔客や客引き、外国人、様々な人間が行き交う繁華街のど真ん中。外の券売機でチャーハンを選択。そうです。今夜はチャーハンの気分。

お世辞にもきれいとは言えない店内は、野郎率90%。おひとり様の女性戦士がタンメンを食していらっしゃる以外は、野郎だらけです。カウンターに座り、食券を渡す。570円。この街でこの値段は、ハッキリ安い。その食券を確認したオヤジさんBが「チャーハン!」とオヤジさんAに伝えます。

ほんとに狭い厨房には50代くらいのオヤジさんABCが3人。イタリアンならオープンキッチンというのでしょうが、ただのむき出しの厨房です。きょうのわたしの席は、オヤジさんAの鍋振りを真横で見られるベストポジション。ガッチャンガコンガコンガッチャンガコンガコンと振られすぎて姿がすこし変わった年季の入った鉄鍋。

蒸気機関車の肌を思い出すようなまっ黒な鉄鍋が白い煙を上げはじめました。ラードを入れ、おたまですくった卵、つづいて米と具材をたたき入れ、ダイナミックにオヤジさんAが振り始める。おもいっきり音を立てながら中華鍋を振るう姿がかっこいい。その音すらかっこいい。何千何万回も繰り返してきたにちがいない鍋振りは、まさに伝統職人の域。感動的です。

このタイミングで、すでにスープは到着。ラーメンのスープと同じものでしょうね。オヤジさんAの高速鍋振りの動きが止まりました。完成です。空中に舞ったチャーハンをお玉でふわっと受け取り、ひょっいっと皿に盛られます。チャーハンの登場です。ここまで約5分。あいかわらず、はやい。

f:id:hanaokakunihiko:20170811162824j:plain

卵、焼豚の切れっぱし、ネギと、シンプルな具材だけ。沢庵が添えてあります。しっとりとパラパラの中間か。日本の米の特性を知っているからなんでしょうね。街中華のチャーハンの中心から、ほんのすこしはずれているかも。その味付けは、けっこう濃いめ。でもきょうは、疲れた体が欲しがっていた味。好みはあるでしょうが、とにかく今夜はドストライク。

ああ、おいしかった。ごちそうさまでした。

ラーメン二郎中山店。

ラーメン二郎中山店に行ってきました。12時ちょっと前に到着。混んでいるかと思っていましたが、店内待ち5人でした。回転がよく、すぐに着席。しばらくしてコール。ニンニク入れますか?今回はヤサイカラメニンニク!いよいよ着丼。野菜の山を慎重に崩しながら、天地返し。いただきまーす!うまい!うまいです!豚はトロトロ。箸で持ち上げようとすると、ほろりほろり。ひたすら、ワシワシいただきました。おとなりの真っ白いワイシャツが気になります。大丈夫でしょうか、あんなに汁が飛び散って。スマホを見ながら食べているから気がついていないようです。午後の仕事…逆に二郎の香りがうれしいかも。とにもかくにも、おいしくいただきました。ちょっと、汁、残しちゃいましたが…ごちそうさまでした。

マルコメのラジオCM

マルコメマルコメマルコメマルコメ タッタタータタターマルコメマルコメマルコメマルコメタッタタータタター ドン!マルコーメみそ!のラジオCMをコピーライター新人のころつくってました。毎週4本ほど。ハトヤのラジオCMをつくっていたときと同時期のことです。#マルコメ #ラジオCM

広告を非表示にする

2年目の夏。

7月になりました。

ことしも半年がすぎたわけです。

はやいものですねー。

すぐに、紅白ですよ、きっと。

フリーのコピーライターになって、

2年目です。

ことしは、プライベートでいろいろあり、

だからというわけではないでしょうが、

コピーライターのオファーが去年より少ないです。

業界の事情もあれこれあったし、

どーなんだろとおもったりしてますが、

とにかく、みなさんからのオファー、

お待ちしています。

 

広告を非表示にする

広報アドバイザー。

独立してフリーランスとして1年がすぎました。

現在はコピーライターとしての仕事と、

大学広報アドバイザーとしての仕事をしています。

 

大学広報の仕事は、約15年ほどやっています。

生き残りをかけた大学にとって、

広報はとても重要な仕事です。

あの会社が!え!という時代です。

 

まして少子化の時代がますます進むこの先です。

大学の淘汰が現在より加速するのは明白です。

広報に失敗する大学は、確実に消えます。

早慶だって、わかりません。

ましてや、です。

あの電気メーカーが消えそうな時代ですから。

 

生き残るためにも、

大学の広報担当者の方の意識改革が

すぐにでも必要です。

時間は、ありませんよ。

 

 

 

広告を非表示にする