読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター花岡邦彦

クリエイティブ・ディレクター コピーライター 大学広報アドバイザー TCC会員 乗り鉄 JR全線完乗 慶応義塾大学 新宿高校 日本橋馬喰町生まれ アフリカの政治ゼミ twitter.com/hanaokakunihik1

4月14日。

みなさん、誕生日メッセージ、
ほんとうにありがとうございます。
おめでとう!という言葉は、
ありがとう!と同じぐらい
うれしい言葉ですね。

昨年の誕生日の4月14日は、
お祝い飲みの最中に、
熊本で大きな地震がありました。
急に酔いが覚めたことを思い出します。

震災に被災された方々には
心からお見舞い申しあげるとともに
復興に尽力されつづけている皆様には
くれぐれも安全に留意されることを、
祈らずにはいられません。

自分の誕生日に起こった熊本地震
ずっとずっと忘れないでしょう。

油断すると、
つい忘れてしまいそうになる。
でも、必ず思い出す日が
1年に1回、来ます。

ありがとうがうれしい日、
と同時に、
おもう日にもなりました。

2011年の4月14日の誕生日には、
東日本大震災の被災地へ行きました。
そのとき自分の目でみたこと、
肌で感じた体験は、
今でも忘れることはできません。

みなさん、ほんとうに、
ありがとうございました。
これからも、どうか、
よろしくお願いいたします。

たぶん、この1年も、
酔っ払ってゆらゆら、
列車にのってゆらゆら、
人生に迷ってゆらゆら、
だと思いますが、なにとぞ、
大きな心で見守ってくださいませ^^;

f:id:hanaokakunihiko:20170416133148j:plain

と書いていたら、
岡部正泰さんの訃報を知りました。
まだコピーライターになる前のとき
原宿の事務所で、会っていただき、
がんばれ!と励まされたこと
思い出しました。
心からの感謝とともに、
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

広告を非表示にする

家二郎!

家二郎です。どん兵衛でつくるどん二郎がベースです。ラーメン二郎度は、かなり高く80%ぐらいか。鍋をつかってつくったのでスープも熱々。うまかった!

f:id:hanaokakunihiko:20170409203814j:plain

広告を非表示にする

どん二郎!

ネットでうわさの「どん二郎」をつくってみました。用意するのは、どん兵衛、もやし、キャベツ、にんにく、牛脂、豚肉。もやしとキャベツは、くたくたになるまでゆでる。にんにくはみじん切りに。豚肉は、醤油とみりんの合わせた調味料につけて焼く。あとは、どん兵衛に熱湯を注ぎ、牛脂を入れ、ちょっと短めの4分。もやしとキャベツをのせて、にんにく。あとは、ひたすら食う。はじめスープはどん兵衛さがありましたが、後半からはラーメン二郎に近い感じに。牛脂のかわりにラードでもオーケーらしいです。二郎再現率60%.ぐらいか。おいしい。これはこれで二郎でした。

 

f:id:hanaokakunihiko:20170405141414j:plain

f:id:hanaokakunihiko:20170405141432j:plain

広告を非表示にする

品二郎はうまい!

打合せが13時におわり、お昼はどうしようか、と考えて思いついたのが、ラーメン二郎!そう思ったら、もうダメです。はらへりとさむさとで、頭の中はラーメン二郎祭です。

では、どこの二郎へ行くか。距離的には三田、目黒、品川か。ホームは三田なので、ふつうでいけば三田となりますが、きょうはなぜだか品川がど

 

うしても食べたくなりました。品二郎は久しぶり。品川駅港南口から歩きます。三菱重工本社の前を速足で通り過ぎ、しばらくすると品二郎が見えてきました。13時30分。げ、すごい列!

f:id:hanaokakunihiko:20170401020050j:plain



近づきながら数えると16人!多いときは40人とからしいので、ま、しかたがないか。私の前には4人家族。高校生(たぶん)の息子さんと娘さん、お父さんとお母さん。二郎も、そういう時代なんですね。どこの二郎もそうですが、回転は速いので、思ったよりは待ちませんが、それでも着席まで40分以上でした。

さらに着丼まで15分。本日はただの小で、ヤサイカラメニンニク。天地返しです。そのとき、なんと二郎汁が私のチノパンのももあたりに着弾!これはもう、白洋舎でもムリです。とれません。それほど二郎汁は謎につつまれているのです。あの白洋舎が…との伝説。

いよいよ、食べります!いやー、うまい!うまい!カラメ液で野菜がうまい!スープがうまい!なんてたって、麺がうまい!途中でコショーをふりかけ、さらにうまさがマシマシです。きざみニンニクがいい仕事をしています。一気にゴールまで食べりつづけます。完食!久しぶりの品二郎、ごちそうさまでした。

そういえば、4人家族は、お父さんは息子さんを後ろに乗せてバイクで、お母さんと娘さんはチャリで帰って行きました。

あと目立ったのは、海外から帰ってきたような大きなキャリバッグをもったお客さん。成田か羽田から、直接来たんでしょうね。日本に帰ったら二郎が食べたい!と機内で思ってたんでしょうね。その気持ち、わかります。

 

とうとう関西にも二郎ができるみたいです。

f:id:hanaokakunihiko:20170401020153j:plain

広告を非表示にする

世田谷ナンバーはダサイ!

東京のクルマのナンバーに世田谷が生まれてからしばらくたったが、世田谷ナンバーは、はっきりいって、ダサイ。世田谷区は、今まで品川ナンバーだったが、今は新しくクルマを買うと世田谷ナンバーになる。この3文字ナンバーは、視外車に世田谷ナンバー、笑えます。認性も悪いし、何よりカッコ悪い。私は世田谷育ちですが、子どものころから、世田谷という名前に違和感があった。高級住宅地の代名詞のようにいわれているが、田んぼに谷ですよ。いなかなんです。それでいいんです。もともと、はたけばかりだったんですから。ダサくて、いいんです。外車に世田谷ナンバー、笑えます。

三江線に乗って。

先月、三江線の旅に行ってきました。美しい江の川に寄り添いながら走るローカル線です。悲しいことに、来年、廃線になることが決まっています。秘境駅も多く鉄ちゃんたちには人気ですが、大きな流れには逆らえなかったようです。JR西日本さん、なんとかなりませんかねー。三江線は2度目。今回はタモリ倶楽部で有名になったホリプロの鉄ちゃんマネージャー南田さんがリーダーの旅でした。

広告を非表示にする

広電車庫見学。

広電の車庫を見学しました。

珍しい車両たちに会えました。

貴重な体験をさせていただきました。

関係者のみなさま、

ありがとうございました。

f:id:hanaokakunihiko:20170227145905j:plain

 

 

 

広告を非表示にする