コピーライター花岡邦彦

花岡事務所 hanaokakunihiko@icloud.com

ラーメン二郎越谷店。

ぶらり二郎の旅。

 
今回は初のラーメン二郎越谷店です。

f:id:hanaokakunihiko:20190406200800j:plain

この店はことしの3月10日に開店したラーメン二郎でいちばん新しいお店です。埼玉県では2店目の二郎です。最寄りの駅は東武越谷駅半蔵門線でも日比谷線でも直通で1本で行けます。私は半蔵門線で。北千住から急行になるので日比谷線直通より速い。先日、栃木街道二郎へ行ったばかりですが、また東武鉄道にお世話になりました。
 
越谷駅の改札を出るのは実は初めて。駅前は再開発したんでしょうね、とてもきれいな駅前。ただ個性はあまりないかな。再開発すると、みんな同じような顔つきになる。きれいな顔だけど。
 
その駅前から、そんなに歩かなくて越谷二郎に到着。並んでる並んでる。1、2、3、4………12、13人か。中待ちも同じぐらいだから、24、25人。カウンターで待っている人も入れると30人かぁ…。と並びはじめて2、3人私の後ろに並びましたが、さらに数分後、学生3人組が。その直後学生6人組が並びました。いやー、あぶないあぶない。数分の差で、彼らの前になるか後ろになるかの、運命の分かれ道。

f:id:hanaokakunihiko:20190406200900j:plain

 
私の前は、ガテン系の二人。上腕二頭筋が作業着を着ていてもわかります。食うだろなぁ、この二人は。…と順調に列は進みます。いよいよ、前の二人が食券を買う。大ぶたダブルかなぁ。
 
ところが、二人とも小…。私と同じじゃん。あとでサイズを聞かれたときに、なんとその内ひとりは、小の麺少なめ!え、すくないでしょ、それじゃ。上腕二頭筋が泣くよ。と思いましたが、人は見た目で判断しちゃいけないよ、と母から言われていたのを思い出し、ガテンだって少食は、いるんだ、と思いなおしました。あとあと席がその二人ととなりになるのですが、彼らがトッピングを聞かれたとき、こんどは、なんとニンニク無し!え、麺少なめでニンニク無しだと!それじゃ、二郎のポテンシャルの半分も実力を発揮できないじゃないか。彼らは、きっと仕事上、仕方がないんだろうな。かわいそうに…。お客様と会うんだろう。でも、それなら二郎はダメだろ。などと思いを巡らせながら、着丼を待ちました。
 
時間を少し戻しますが、店内待ちは椅子に10人から12人。待っている人たちの体型に左右されますね。あ、話は変わりますが、店のとなりはある店があるのですが、その店先に自転車を停めた客がいて、店主に怒られてました。
 
結局、待ちはじめて着丼まで40分くらい。とにかく回転は、はやいです。味ですが、うまいです。麺も汁も。特に、豚がうまい。ほろほろと口の中でほどけて脂がとけます。あんまり二郎の豚にこだわりはないのですが、越谷二郎の豚は、かなり、いい。いいです。うまいです!汁は醤油系がつよいやつです。これはこれでうまいですよ。かなり。麺も、好みです。

f:id:hanaokakunihiko:20190406200945j:plain

 
結論として、かなり上位です、私の二郎ランキングの中で。ただ、やはり、遠い…。遠すぎる。乗り換えなしで行けるから、また行くかも知れませんが、だったら一之江店に行くかなあ。乗り換え、多いけど。
 

f:id:hanaokakunihiko:20190406201043j:plain

 
ということで、二郎全国39店中、35店に行ったことになりました。あとは、札幌二郎、会津若松二郎、新潟二郎、京都二郎の4店です。これは、わざわざ行くつもりはありません。この4つの町に出張する仕事をオファーしていただけたら、よろこんで行くと思います。そのときはご一緒しましょう。
 

f:id:hanaokakunihiko:20190406201213p:plain

ぶらりラーメン二郎の旅。

ぶらり二郎の旅。今回はラーメン二郎茨城守谷店の初訪問です。つくばエクスプレス守谷駅はあります。ふつうは守谷駅前からバスに乗って守谷二郎には行くのですが、私は鉄道マニアなので、ここはバスを使わずに行きました。守谷駅関東鉄道に乗り換えて次の駅の南守谷駅へ。この関東鉄道は下館と取手をむすぶ私鉄のローカル線です。非電化でディーゼル車両。しかも1両で走っています。映画「下妻物語」の下妻駅関東鉄道です。南守谷駅からは歩きです。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192408j:plain

 

地図を見る限り、15分から20分くらいか。しかし、私、道を間違えました。どこで間違えたのか。いまどこにいるのか。13時前に南守谷駅に着いたのですが、すでに20分以上は歩いている。困った。道をききたいが、歩いている人がいない…。と、親子で散歩している人がいた!すみませーん、道を教えてください。美園4丁目に行きたいのですが…あ、それなら、この道をまっすぐ行って大きい交差点がありますからそこを右に曲がってしばらく行くと4丁目のほうです。ありがとうございます!方角はわかった。あとは歩くだけだ。まわりは畑畑畑。時代劇にも使えそうな風景です。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192617j:plain

 

そんなこんなで交差点。右に曲がり歩く歩く。と、黄色い看板。二郎の駐車場の看板です。あったあった。外に7人待ち。中に待ち椅子が7、8席か。最後尾に連結してから15分ほどで店内へ。まずはプラ券を券売機で購入します。ラーメン小と生卵をポチリ。その後、店内で待ち始めてから、けっこう待っています。そんなときは、テーブルで食している人と待っている人間観察して時間を過ごします。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192712j:plain

今日は、不審な動きをする少年が3人…たぶん、高校生。席はバラバラで二郎を食べているが、3人とも、やたらと冷水機に足を運んで水のおかわり。その途中で友だちとひとことふたこと会話。ほっぺたがリスになってます。わかりました。食べられないのです。もうお腹いっぱいなんですね、きっと。だいぶ、麺残ってます。初めての二郎なんでしょうね。予想外の量だったんでしょう。3人の中でいちばん体の小さな少年の丼は、遠目から見ても、麺が見える。私が店内に入ったときには食べてましたから、かなりの時間が経ってますよ。まわりをキョロキョロ見ている。おまえは、万引少年か!w ねばったから完食できるわけじゃありません。早く謝って楽になりなさい帰りなさいな。で、最後どうなったかといえば、汁を吸いまくって、どす茶色になった二郎麺が悲しい姿になっていました。おいしいのに、残念だなぁ。逃げるように3人で帰っていきました。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192827j:plain

ま、ひとのことなんで、そんなことはおいといて、私はといえば、店内待ち20分以上たってからようやく着席。さらに15分で着丼。小ラーメン+生卵、野菜少なめニンニク800YENです。写真撮影後、天地返し。味が染みた麺がうまいうまい!ブタはちょっとかたいかな。脂身なし。汁はコクうまで、ぜんぶ飲みたくなるが、ぐっと我慢我慢。途中、生卵につけ麺して、つけ豚して、味変を楽しみます。守谷二郎、うまいなぁ。でも、遠いなぁ。次、いつ来るかわからんなぁ。でも、いいぞ!守谷二郎!

f:id:hanaokakunihiko:20190326192914j:plain

#ラーメン二郎 #ラーメン #二郎 #二郎系 #二郎インスパイア #二郎系インスパイア #ジロリアン #らーめん #ramen #noodles #麺スタ #麺スタグラム #ラーメンインスタグラム #ラーメン二郎茨城守谷店 #守谷二郎

f:id:hanaokakunihiko:20190326193006j:plain

 

 

ラーメン二郎環七一之江店

また、ラーメン二郎の話です。

今日はラーメン二郎環七一之江店です。

都営地下鉄一之江駅から歩いて数分。

この日は17時20分ごろ到着。

f:id:hanaokakunihiko:20190221180803j:plain

待ち人は3人。

17時30分の開店時間より、5分早く開店。

食券を買ってカウンターへ。

まもなくコール。

ニンニクをお願いしました。

 

いただきます!

う、うまい!

f:id:hanaokakunihiko:20190221180857j:plain

これは、うまいですよ!

小ラーメンが650円。

目黒、本店の次に安いのかも。

量はややすくなめですが、

私にはちょうどいい感じ。

ゆとりを持って食べられる。

ああ、おいしい!

完全に、好みの味です。

ちょっと、一之江は遠いけど、

また来ようと食べながら思いました。

汁も好み、麺も好み。

本店はベツモノとして、

私的ベスト3に入ります。

f:id:hanaokakunihiko:20190221180958j:plain

 

 

ラーメン二郎スタンプラリー

f:id:hanaokakunihiko:20190123191154j:plain

ラーメン二郎スタンプラリー


ラーメン二郎スタンプラリーなるものがあったので。数えてみたら、27店、行ってました。札幌とか仙台とか新潟とか京都とかは、遠いので、何か偶然があって、近くに行く機会があればば行くかもしれませんが、もともと全店制覇するつもりもないので、あとは2、3店舗行ったら、ホームの三田にうだうだ行くつもりです。

初のラーメン二郎西台駅前店。

ラーメン二郎西台駅前店。ラーメン小+ニンニク少し+アブラ少し+卵。ブタがデカイ。なんだか時間に追われて、あじわえませんでした。店主が「うちは飲食店なんだ」と何度も言いながら、ある客たちにコウルサク文句を言ってたのが、正直ヤな気持ちになった。それを聞かされる客のことは、ぜんぜん気にならないようだ。自分の思い通りにならないと、だめなんでしょうね。別にふつーのお客だったと思う。飲食店は、小さな声でも、おしゃべりしちゃだめなのか。そんなに店主はエライのかなー。イヤなら、来なくていい、というだろうね。これ、客へのパワハラでしょ。私は、学生時代から、約40年、三田二郎に通っている人間ですが、三田のオヤジさんは、心ひろいよー。飲食店の店主の三田のオヤジさんは、おしゃべりだよー。別に、客がエライわけではないけれど、だからと言って、店側が上から客にエラそうに言ってはだめだと思いますよ、西台駅前店さん。飲食店は、お客に、おいしく食べてもらうのが仕事だと思いますよ。客を自分の思い通りににコントロールしようなんて、だめでしょう。三田のオヤジさんのおかげで、ラーメン二郎の看板をかかげられていること、ユメユメ忘れてはいけません。三田本店にお客として行って、ラーメンの店は、こうなんだ。こういう空気感なんだ。こういう明るさなんだ。勉強しなおした方がいいんじゃないでしょうか。行列は、いつ消えるかわかりませんから。

f:id:hanaokakunihiko:20181223231735j:plain

f:id:hanaokakunihiko:20181223231821j:plain

f:id:hanaokakunihiko:20181223231859j:plain

#ラーメン二郎 #ラーメン二郎西台駅前店 #西台二郎店主