コピーライター花岡邦彦

花岡事務所 hanaokakunihiko@icloud.com

ぶらりラーメン二郎の旅。

ぶらり二郎の旅。今回はラーメン二郎茨城守谷店の初訪問です。つくばエクスプレス守谷駅はあります。ふつうは守谷駅前からバスに乗って守谷二郎には行くのですが、私は鉄道マニアなので、ここはバスを使わずに行きました。守谷駅関東鉄道に乗り換えて次の駅の南守谷駅へ。この関東鉄道は下館と取手をむすぶ私鉄のローカル線です。非電化でディーゼル車両。しかも1両で走っています。映画「下妻物語」の下妻駅関東鉄道です。南守谷駅からは歩きです。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192408j:plain

 

地図を見る限り、15分から20分くらいか。しかし、私、道を間違えました。どこで間違えたのか。いまどこにいるのか。13時前に南守谷駅に着いたのですが、すでに20分以上は歩いている。困った。道をききたいが、歩いている人がいない…。と、親子で散歩している人がいた!すみませーん、道を教えてください。美園4丁目に行きたいのですが…あ、それなら、この道をまっすぐ行って大きい交差点がありますからそこを右に曲がってしばらく行くと4丁目のほうです。ありがとうございます!方角はわかった。あとは歩くだけだ。まわりは畑畑畑。時代劇にも使えそうな風景です。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192617j:plain

 

そんなこんなで交差点。右に曲がり歩く歩く。と、黄色い看板。二郎の駐車場の看板です。あったあった。外に7人待ち。中に待ち椅子が7、8席か。最後尾に連結してから15分ほどで店内へ。まずはプラ券を券売機で購入します。ラーメン小と生卵をポチリ。その後、店内で待ち始めてから、けっこう待っています。そんなときは、テーブルで食している人と待っている人間観察して時間を過ごします。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192712j:plain

今日は、不審な動きをする少年が3人…たぶん、高校生。席はバラバラで二郎を食べているが、3人とも、やたらと冷水機に足を運んで水のおかわり。その途中で友だちとひとことふたこと会話。ほっぺたがリスになってます。わかりました。食べられないのです。もうお腹いっぱいなんですね、きっと。だいぶ、麺残ってます。初めての二郎なんでしょうね。予想外の量だったんでしょう。3人の中でいちばん体の小さな少年の丼は、遠目から見ても、麺が見える。私が店内に入ったときには食べてましたから、かなりの時間が経ってますよ。まわりをキョロキョロ見ている。おまえは、万引少年か!w ねばったから完食できるわけじゃありません。早く謝って楽になりなさい帰りなさいな。で、最後どうなったかといえば、汁を吸いまくって、どす茶色になった二郎麺が悲しい姿になっていました。おいしいのに、残念だなぁ。逃げるように3人で帰っていきました。

f:id:hanaokakunihiko:20190326192827j:plain

ま、ひとのことなんで、そんなことはおいといて、私はといえば、店内待ち20分以上たってからようやく着席。さらに15分で着丼。小ラーメン+生卵、野菜少なめニンニク800YENです。写真撮影後、天地返し。味が染みた麺がうまいうまい!ブタはちょっとかたいかな。脂身なし。汁はコクうまで、ぜんぶ飲みたくなるが、ぐっと我慢我慢。途中、生卵につけ麺して、つけ豚して、味変を楽しみます。守谷二郎、うまいなぁ。でも、遠いなぁ。次、いつ来るかわからんなぁ。でも、いいぞ!守谷二郎!

f:id:hanaokakunihiko:20190326192914j:plain

#ラーメン二郎 #ラーメン #二郎 #二郎系 #二郎インスパイア #二郎系インスパイア #ジロリアン #らーめん #ramen #noodles #麺スタ #麺スタグラム #ラーメンインスタグラム #ラーメン二郎茨城守谷店 #守谷二郎

f:id:hanaokakunihiko:20190326193006j:plain