読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター花岡邦彦

クリエイティブ・ディレクター コピーライター 大学広報アドバイザー TCC会員 乗り鉄 JR全線完乗 慶応義塾大学 新宿高校 日本橋馬喰町生まれ アフリカの政治ゼミ twitter.com/hanaokakunihik1

最近のこと。

ラグビーのトップリーグの試合を観に行った。 座骨神経痛で右足の外側が痛い。 清澄白河で飲んだ。 母が入院した。 広島が優勝した。 豊洲問題がテレビに出まくっている。 仕事の修正が激しい。 サッカー日本代表にガッカリした。

きょうのこと

企画意図文をメールで送る。 郵便局へ請求書を速達で出しに行った。 オムレツ、りんご、コーヒーの朝食。 洗濯物を干す KNセンターへ電話。 Sさんより電話。企画意図を全面的に修正された。なるほど、なっとく。 キッチンの洗いものをする。 日が暮れた。 迷…

今週のおもったこと。

今週のおもったこと。台風は仕事のチャンスも奪う。初めて会う人と話すのは、倍疲れる。初めて飲むのに、自分のことを途切れなく話す人は、たぶん仕事のできないひとだとおもう。高い評価をしてくれているとおもっていたら、ぜんぜん評価してくれてないこと…

イチローと3000本。

イチローが大リーグ3000本安打を達成した。ライトフェンス直撃の三塁打だ。すごい。おめでとう!どれだけの重圧がかかっていたのか、僕には想像もできない。彼が涙を流した。テレビに映る彼の横顔。頬に光るものがあったのは確かだ。アナウンサーが涙でしょ…

親友とカラオケ。

親友と会うのは、ほんとうに楽しい。今夜は、個人的な相談もあったが、そのあと居酒屋で飲んで、シメはカラオケへ。10年ぶりに、うたいました。むかしの曲しかうたえませんが、大声をだすのは気持ちいいものです。いろいろあるけど、がんばりましょう。笑う…

母の涙

オバが亡くなった。大好きだった。こどものとき、すごく可愛がってくれた。母の姉だ。母が、泣いた。母の涙を見たのは、父が死んだときだった。悲しい。でも、悲しんでいては、生きていけない。サヨナラ、オバさん。天国で、父に会ったら、よろしくお願いし…

新宿高校。

私が高校生だったころの母校新宿高校の通学路には、ラブホはあるは、ソープはあるはで、とてもふつうの16才や17才が歩いていい道ではありませんでした。いまその道は髙島屋の前のおしゃれな道となりましたが…笑 朝、早く学校へ行くときには、通学路でいろん…

人生、変わるか?

英国がEUから離脱することが決まって、サッカーでもユーロで英国が、初出場のアイスランド(アイスランドの人は、イースランドと発音するらしいです)に歴史的な敗北をくらって、世界の株をひっかきまわして、もうあの国は、どうなるのかと思いめぐらす今日…

舛添、イチロー、松潤、宮藤官

舛添さんのおかげで都知事選挙が7月31日にあるらしい。30日土曜日が隅田川の花火で、次の日は予備日。もし当日が大雨なんかで中止になったら、予備日と投票日が同じ日になってしまう。だから、花火のほうが中止になる。翔君のパパは出馬しないみたいですが、…

後輩。

昨夜は渋谷で飲みました。突然、後輩から連絡をもらったからなのですが、前回連絡をもらったときに断ってしまったので、今回はなんとか時間をつくって飲んだというわけです。山形料理の居酒屋で、サラリーマンの方たちがほとんどで、若者の街、渋谷とは真逆…

苦手です。

パーティは苦手です。とくに知人がたくさん参加するパーティだと、ある人と話をしているときに、知人と目が合う。軽く会釈はするが、その後、また話の続きをする。ということは、目線を戻すわけで、相手からすると、軽くあしらわれた感じになる。こちらとし…

コピーは未来。

初めてお会いした方でした。考え方が似てる。似てるんです。コピーライターについて、コピーについて、語りあいました。楽しかったぁ。久しぶりの感覚でした。コピーの可能性を信じている二人なのでした。また近いうちに、会えると思います。まだまだ話し足…

仲畑さん!

大仲畑展、行ってきました。コピーライターになって、よかったと思いました。もし仲畑さんが、生まれてなかったらと想像すると、ぞっとします。この空間にいると、コピー、書きたくなります。自分はヘタなのに、いいコピーが書ける気がしてきます。コピーの…

鶴見線。

フリーランスになってから、乗り鉄をやってません。まだ、ペースがつかめないのと、仕事がないのとで、なんとなく出かけていないといった感じでしょうかね。気分の問題なんでしょう。心の余裕がないと、乗り鉄も楽しめないということでしょうか。いや、逆に…

連休千秋楽。

フリーランスになってから初めてのゴールデンウィークです。なるほど、曜日感覚とかが薄れているからか、連休感覚もにぶっています。カレンダーどおりに活動している人たちも多いわけで、それに合わせて私も動くし、それ以外の日は、何かを考えていたりして…

肋骨2本、骨折してた

4月のはじめに、ころびました。手はえぐれ、脇腹に激痛が。救急でHO病院へ行きました。レントゲンを撮りましたが、折れてはいません。打撲です。そう診断されました。しかし、1週間たっても、2週間たっても、3週間たっても、痛みは引きません。2週間ごろから…

新幹線、熊本城、南阿蘇鉄道。

熊本地震で一部不通になっていた九州新幹線が全線開通しました。高速道路は、まだ全線開通とはいかないようですが、まずはよかった。懸念していた三角線も開通したし。さすが、JRです。ということで、心配なのは、やはり南阿蘇鉄道です。とうとう、ニュース…

熊本地震で廃止にしないで!

熊本に三角線というローカル線があります。盲腸線です。他の線と接続していて終点が行き止まりの線のことを、盲腸線ていうんですが。宇土駅から海にむかって岬の端の三角駅までたったの9駅。海岸線を走る車窓からの風景が美しい盲腸線なんですね。この線が、…

ヤバイ。

大好きな南阿蘇鉄道が、熊本大地震で甚大な被害を受けました。鉄橋も線路も押し流されたりしています。ニュースでは、完全にスルーされています。高速道路の被害は伝えていますが。この状況はヤバイです。高千穂鉄道が水害で被害を受け、廃線に追い込まれた…

2016年4月14日。

熊本で大地震が起きた。 僕の誕生日の日に。 おめでとう!と昼間は言われたのに、 深夜になると、おめでとう、ではなくなった。 2016年4月14日。 この日は記憶される日になってしまった。

ぞっとする。

マスターズの松山選手みたいな才能などなく、子どものころから大学を卒業するまで、何もしなかった僕が、まがりなりにも表現という世界の人間になれたのは、広告というフトコロの広い広告大陸のおかげです。ごくごくふつうの男が、楽しくやってこれているな…

骨折してるね。

先日、ころびました。おもいっきり。段差に、やられました。工事をやっていたんです。アスファルトをひっぺはがして、下水道の工事だったようです。約10センチの段差。わたしの足は、空をきりました。気がついたら、倒れていました。おじさんが飛んだわけで…

というわけです。

できるか、できないか。人は、そう考えてしまうものです。ほとんどの人が、むずかしいね、できるわけないよ、むりだとおもうなあ、といいそうです。世の中の人は、できなかった経験のほうが多いわけで、そうなると、できっこないさ、になるわけですね。だか…

あの炒飯が。

今はもうなくなってしまったのですが、僕が人生の中で、いちばんおいしい炒飯を食べさせてくれていた店のマスターに教えてもらったのが、ひとつまみの砂糖。これが何よりのポイントで。このひとつまみが、あるかないかで、もうぜんぜん違う。あとは、よくあ…

この小僧が。

ふたりで飲むとやっぱり楽しいです。メンドーなことが無い。これからは、ちょこちょこ、会いたいものです。溝の口、いいでしょ。一生懸命、生きている人たちが、あの地域に集まって、肩よせあって、飲んでいる。あの感じが、僕には合っています。T社のたくら…

夏に桜が。

桜、さくら、SAKURA、サクラ…春になると、こんなタイトルの歌があちらこちらからきこえてきます。同じ名前の歌が多すぎですが。ま、それは、よしとして。桜、咲きだしましたね。僕は、こどものころからいままで、桜並木がきれいな町に住んできました。いまの…

初体験。

早起きをして船にのりました。初体験。しました。いくつになっても体験していないことはたくさんあるわけで。船酔いはしないだろうか海に落ちはしないだろいか、なんてことを考えたりして。昨晩は、なかなかねむれなかった。なんたる、スモールハートなんだ…

泣くね。

ローカル線を実家にしてしまえ。実家は、ちょっと面倒くさい。自分のルーツの通過点が実家にはある。ある時期、実家にはよりつかなくなる。父がいて、母がいて。もしかしたら、おじいちゃんがいて、おばあちゃんがいて。近すぎる関係がわずらわしく感じてし…

だめなんです。

ローカル線が消える町に、しあわせはくるのかね、ぜったいに、きません。それは、みなさん、ほとんど、わかっているとは思います。以前、ローカル線は、演歌だ。とお話ししましたが、日本から演歌がぜったいに消えないように、ローカル線も消えてはいけない…

阿久悠さんの言葉

『個人と個人の実にささやかな出来事を描きながら、同時に社会へのメッセージにすることは不可能か。電信の整備、交通機関の発達、自動車社会、住宅の洋風化、食生活の変化、生活様式の近代化と「情緒」はどういう関わりを持つだろうか。人間の表情、しぐさ…

24時間トークライブ

伝説の並河進さんの24時間トークライブに出演しました。ありがとうございました。心から、感謝いたします。ローカル線の話をしたんです。楽しい時間でした。いろんな若い人と出会えたのも楽しかった。ローカル線を守るために何をすべきか。鉄ちゃんだからこ…

恋をする。

本を買った。蔦屋家電で時間つぶしでぶらぶらしていたら、その本と目が合ってしまった。もうだめだ。ひとめぼれ。引力にひっぱられて、その本を手にした。表紙の肌触りが、いい。大好きな紙だ。指が、よろこぶ。めくるときの、指先との相性。いい本とは、指…

生きていけない。

地元の方々がいくら乗っても、それだけではローカル線を存続させることは、むりです。ローカル線沿線は、基本的にクルマ社会です。クルマがなければ生きていけません。そんな人たちに、鉄道生活を強いることはできません。存続運動をやったとしても、一時的…

それはむりです。

関東にも、廃止を噂されているローカル線はいろいろあります。このまま時間が流れていけば、消えてしまうはずです。地元の方々は、廃止反対がほとんどでしょう。だって、日本人の深層心理風景には鉄道があるからです。山があり、田畑があり、町があり、川が…

226事件

2016年2月26日。金曜日の夜、私の送別会でした。20年勤めた会社を辞め、独立します。3月1日からフリーランスです。想像より多くの仲間が来てくれました。笑って笑って笑いばかりの送別会でした。楽しかったなあ。みなさんの友情に心から感謝しています!

コピーライターの会社、BBQ

仲のいい同級生4人コピーライターと、むかし飲みながら、4人で会社とかつくろうか、なんて話したなぁ、と急に思い出しました。そのころ4人とも代理店のコピーライターで。その後、2人がフリーになって。次は僕か。たしか、そのとき考えてた会社の名前が「BBQ…

花岡邦彦のプロフィール。

【花岡邦彦プロフィール】東京日本橋馬喰町で生まれる。新宿高校へ。新宿御苑、新宿二丁目に接し、新宿駅、伊勢丹へ徒歩3分の新宿高校時代に、新宿の街の洗礼を受ける。修行僧のような浪人生活を経て慶応義塾大学法学部政治学科へ進学。アフリカ政治学のゼミ…

新宿6丁目のびっくりぽん。

新宿6丁目の新宿文化センターからの帰り道、独特のオーラを発している店と目が合ってしまいました。後でわかりましたが月~土曜日の17時~20時という3時間限定オープンだそうです。初めての人間としては、かなり入りにくい…というより、ここが立ち飲みスペー…

他人と比較しない。

他人と自分を比較してはいけません。わかってはいますが、ざんねんですが、なかなかできません。 そうなんですね。周りの声なんて気にせず、いま自分がするべきことに、集中するべきなんです。目の前にあることに集中すること。人にはそれぞれのペースがあり…

人生の別れ道

1月8日のつづき。コピーライターになるためにはどうしたらいいのか。最初の会社で同期のコピーライターがおしえてくれたのは、コピーライターの養成学校へ行くことはでした。ちなみに、私は、営業でしたので、そんな学校があるのも知らなかったわけですから…

お伊勢さん

先日、お伊勢参りに行ってきました。商売繁盛を祈念して。伊勢市駅で、バス一日券を購入。行程は、まずは猿田彦神社へ。そのあと伊勢市駅に戻り、外宮、月夜見宮。その後、内宮へ。さいごは歩いて月讀宮。伊勢市駅にもどり、夕ごはんを食べようとぶらぶら。…

コピーは手のひらの雪。

コピーライターの先輩に会いにゆきました。ほぼ初対面なのに、まるでずっと仲のよい先輩後輩のように接してもらいました。感激です。コピーに対する想いや姿勢が大きくて、自分の小ささが恥ずかしかった。すごい実績の方なのに謙虚で、もちろんえらぶらない…

糸井さーん!

糸井重里さんと、出会ってしまいました。ほとんどの方が、糸井さんといえば、ほぼ日の編集長か徳川埋蔵金か釣りかテレビの中の人かかと思いますが、私にとっては、コピーライターのスーパースターでした。もちろん、今でも、そうですが。NHKの「YOU」という…

真逆の男。

コピーライターという仕事について、いまさら考えている。私がコピーライターになったのは27歳。大学4年のときには広告業界のことすらまったく知らなかった。電通も博報堂の名前も知らなかった。そんな私が小さな広告代理店に新卒で入社したのだが、なぜそう…

記憶のどこかがよろこぶ。

帰りたくなる住まいをつくる。青空が好きな家。実る暮らしを。朝が似合う住まい。安らぐ時間。暮らしを創造する。思い出になる家。人生のともだち。和をもって美しく。いい時間と生きてゆく。ほほえむ住まい。季節のある家。ずっと、あなたと。いい朝を、あ…

ラーメン二郎とコピーライター。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。ことしの目標は、まずはコピーライターとして新たな道を探し進むこと。時代が変わり、コピーライターという職業の危機が叫ばれている現在、どう生きていくのかを深く考え、そしてチャレン…

松田聖子!

紅白の大トリは松田聖子。赤いスイートピー。いい歌だなあ。ことしの紅白は、とくにいいですね。X JAPAN!来年は、挑戦の年になります。がんばります。それではよいお年を!

捨てました。

ことしの大掃除は、とにかく捨てました。粗大ゴミも、けっこう出しました。新年になっても、しばらくは捨てつづけます。この10年では最大規模です。捨てないと、新しいものが入りません。スペースを作らないと、余裕を作らないといけません。気持ちの部屋も…

問題のあるレストラン

「いい仕事がしたい。ただ、いい仕事がしたいんです。ドキドキしたいんです。手に汗を握って、息をするのも忘れるような、そんな瞬間に出合いたい。人生って、地位や名誉やお金じゃない。人生はどれだけ心が震えたかで決まると思います」問題のあるレストラ…

想像する未来。

想像する未来は、過去の記憶からできています。でも、本当の未来は、何が起きるかわからない。今は崖の端に立っていて、その先に一歩踏み出さなければならない。過去にこだわらず、未来におびえず、今を全力で生きること。