読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コピーライター花岡邦彦

クリエイティブ・ディレクター コピーライター 大学広報アドバイザー TCC会員 乗り鉄 JR全線完乗 慶応義塾大学 新宿高校 日本橋馬喰町生まれ アフリカの政治ゼミ twitter.com/hanaokakunihik1

送別会だよ!全員集合

きょうは、フリーランスになるまでいた会社の後輩の送別会です。早期退職というやつです。彼はもともとデザイナーでした。けっこう一緒に仕事もしたしね。ここ数年はデザインの仕事はお休みしてましたが。飲むのが好きな男で、なのにそんなに強くないから、ベロベロになる。伝説はいろいろあります笑。毎日、一緒に飲んでいた時期もあります。この先は、デザイナーにもどるわけでもなさそうですが、どうするんでしょうか。どちらにしても、もうすぐ卒業です。

ああ、ヤダヤダ。

ブログだと、

つい、うまく書こう、上手に書こう、と思ってしまい、

肩に力が入ってしまい、あんまり面白い文にならないことが多い。

広告のコピーなら、ターゲットはどうだ、競合はどうだ、

時代はどうだ、などとマーケティング的に分析した上で、

コピーを書いたりするわけですが、

そうやって生まれた言葉が、どれほど

ひとのこころを動かすのかと言えば、

ほとんどは、どーでもいいような言葉の羅列になってしまい、

世の中に必要とされない言葉になってしまうわけですね。

ああ、ヤダヤダ。

広告を非表示にする

介護はつらいよ

家族の中に

介護が必要な人間が誕生すると、

生活は一変する。

 

いままで目に入らなかったニュースや言葉が、

急にバンバン飛び込んでくる。

 

介護家族としてやるべきことが、

ハンパなく多くなります。

 

わからないことばかり。

横文字のオンパレード。

ソーシャルワーカー

ケアマネ?

 

倒れた本人が

いちばんつらいのはわかります。

 

でも、家族もつらいよ、です。

看病できる幸せもあるでしょう。

とつぜん、死なれてしまったら、

こころがついていけない。

 

まいにち、ゆれる日々です。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

人間は面白い。

けっきょく、

人間は面白い。

だからこそ、

コピーライターという職業は

面白い。

好きという感情があるかぎり、

世の中は動いている。

広告を非表示にする


広告を非表示にする

コピーライターのワカゾーだったころ。

金曜日の夜、若い頃にお世話になっていた広告会社の、先輩方との飲み会があった。ミニ同窓会とでもいう感じの集まりだった。その会社は、小さいけれど、個性的だった。全社員の3分の1がクリエイティブだった。コピーライターもデザイナーも、優秀な人が多かった。OBには、いま広告業界を代表するクリエイターがいる。名前を出せば、業界の人ならだれでも知っている方たちだ。その会社は、学校のようだった。いい意味で、サラリーマンではなかった。夜中まで、制作に没頭した。いまなら、労働基準局から指導が入るレベルだろう。仕事を切り上げるのは、深夜の0時過ぎ。最終で帰れるのに、帰らない。そこから、飲みに行く。そこで、広告クリエイティブの話を熱くする。おたがいにダメ出しもする。毎晩、それが繰り返される。飲んで、語って、飲んで、語る。クリエイティブの未来。給料は安かった。でも、毎晩、飲んだ。そうすることが、いいクリエイティブにつながるんだと信じていた。ダメな人間かもしれないけど、魅力的な仲間だった。

コピーライターは、どこにいる?

コピーライターは、
いったい、どこにいるのか。

友だちにコピーライターがいる人は、
そんなにはいないんじゃないか。
コピーライターという職業があることは、
ほとんどの大人は知っているはず。
でも、コピーライターを、見たことがない。

全国で、どのくらい、
コピーライターはいるのだろうか。

東京コピーライターズクラブという組織がある。
通称TCCとよばれているが、
ここの会員はおよそ900名。

毎年4月にTCC賞が決まる。
全て応募制だが、
その賞のなかに新人賞部門がある。
受賞者は約20人。
この受賞者たちだけが
TCCに入会できる資格があるわけだ。

新人賞は応募は2000人ぐらいか。
約10倍。
この数字は厳しいのかどうかは
よくわからないが、
少なくとも、
2000人以上のコピーライターが
全国にいることは事実だ。

TCCに全く興味がないコピーライターもいるだろう。
そう考えると、
会員900人、新人賞応募者2000人
興味がない人が応募者と同じぐらいと仮定すると、
900+2000+2000=4900
約5000人以上は
コピーライターがいるんじゃないでしょうか。
感覚的には、もっといる気がしますが。

一県あたり、約100人。
首都圏に半分いるとしたら、
他の道府県に2500人。
大阪名古屋にその半分いるとすると
他の道県に約1300人になる。
となると、
1県あたり30人ちょっと。

これは、めったに会わないわけですね。